ホーム事例と保有機体

事例と保有機体

空撮サービスの事例

・実際にはお見積りを提出させていただきます。
・高度な技量技術を要する内容や<撮影できない事例>はご相談させてください。

<撮影できる事例>
※注意、飛行経路に入る周辺の許可や同意が取れていること。

・施工前と施工後の静止画や動画撮影。
・田畑の形状や土地を上空から撮影。(大まかな距離も測定可能)
・住宅屋根や外壁の撮影。(破損状態の確認など)
・観光案内や名所地の景観撮影。(関係機関の許可必要)。
・会社案内用パンフレット・ホームページの掲載の静止画や動画。
・風水災害現場の撮影。(危険性がある場合はお断りします)
・事故・災害での撮影。(各自治体からの要請時に対応)

<撮影をお断りする事例>
・イベント会場や不特定多数の人が集まる場所の上空。
・空港周辺や住宅密集地。(DID地区)
・目視外飛行。(建物の裏など機体が見えなくなる距離)
・鉄骨の多い建物周辺、橋梁の近くやその下の通過。
・高速道路や鉄道の上空と横断。
・車両の通行の多い道路の上空と横断。
・30m以内での人や車両の追尾や接近。
・危険物の輸送や投下、国指定を含む公園など。
・万が一墜落して回収できない湖、海上、山林上空など。
・GPSが届かない崖や橋の下、トンネル、洞窟や山の谷など。
・火山性ガスの発生している山岳地やその周辺。
・その他、許可が取れない場所や人に迷惑を及ぼす場所。
<飛行条件>
条件 撮影NG(できません) 撮影OK
天候  雨、雪、霧など悪天候時
 風速5m/s以上
 目視できない
 晴天・曇り
 風速5m/s以下
 目視できる
時間  夜間
 日の出・日没前後で視認不可
 日中
離発着  安全確認できない・広さがない場所  安全確認できる
 直径5m以上ある
飛行範囲  人の往来がある
 市街地
 飛行禁止区域
 垂直離陸150m以上
 水平距離200m以上
 目視できない
 人の往来がない
 私有地
 許可を得ている
 垂直離陸150m以下
 水平距離200m以下
 目視できる

DJI製 Mavic mini(小型無人機)

DJI製 Mavic mini(機体重量 199g)
(2020年1月導入)
・加入保険=対人・対物それぞれ 1億円
・最大飛行時間=18分(無風時・メーカースペック)
・バッテリー数=3個保有
・写真解像度=FHD相当
・動画解像度=2.7K相当
・無人航空機での登録は現在不要。
※航空法等は無人航空機と同じ扱いで運用する。
※2022年度より機体重量100g以上から登録制の予定。
DJI製 Mavic mini

DJI製 Mavic Air 2(無人航空機)

DJI製 Mavic Air 2 (機体重量 570g)
(2020年9月導入)
・加入保険=対人・対物それぞれ 5億円
・最大飛行時間=34分(無風時・メーカースペック)
・バッテリー数=3個保有
・写真解像度=FHD相当
・動画解像度=4K相当
・無人航空機の登録済み。
※国土交通省航空局が定める航空法に基づき運用する。
※高度150m以上は個別申請が必要になる。
DJI製 Mavic Air 2
・静止画、動画は所有者の許可を得て掲載。
・スライド画像の一部はフリー画像素材を使用。
・YouTube動画には著作権フリーのBGMを使用。
ページの先頭へ